FC2ブログ

Yuri.OのCinema+Balance シネバラ

Yuri.O名義で映画ライターとしてお仕事させていただいている記事情報を載せていきます。                                                     お仕事の依頼はメールフォームにお願い致します。

Entries

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」。

映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
息子が観たいとめちゃめちゃやる気が出していたので、家族で観に行きました。
三池さんだけど大丈夫かなぁ?と不安に思っていたら、やっぱり上映後「怖かった~。」とヘタれてました(^^;)





【あらすじ】

<スタンド>と呼ばれる特殊能力を持つ高校生・仗助(山崎賢人)。彼の住む杜王町では、最近、変死事件が続発していた。仗助は偶然、同じスタンド使いであり一連の事件に関わる凶悪犯アンジェロ(山田孝之)の犯行を邪魔してしまったことから、次の標的にされてしまう。アンジェロは執拗に仗助を追い、その狡猾な手口によって、ついには大切な祖父の命が奪われる。家族と町を守るため、アンジェロと戦うことを決意した仗助。彼のスタンドは、触れるだけで他人のケガや壊れたものを直すことができる「クレイジー・ダイヤモンド」。そんな最も優しい力を持つ仗助は、彼に危険を知らせにきた承太郎(伊勢谷友介)と共に、最凶の力を使うアンジェロに立ち向かう。しかし、アンジェロの背後では、謎の兄弟がすべての糸を引いていた。果たして、仗助と町の運命はー?最高にクールで、どこか奇妙なサスペンス・エンターテイメント、ここに誕生!

主演は山崎賢人
共演は神木隆之介、小松奈菜、山田孝之、伊勢谷友介、岡田将生、新田真剣佑など。
監督は三池崇史

原作は実写化が決まってから1巻から読み始めたのですが、
映画の章まで追いついていないので、未読です(^^;)

原作を知らないで観た印象は超能力版「クローズ」だなと思いました。

しかし、能力のルールや制限が曖昧過ぎて、「え!そんなこともできるの?」と
突如繰り出される必殺技に戸惑いながら観てました。

舞台がスペインで昔風の学ランにリーゼントが奇妙なのはまだ良いとしても、
主題となる<スタンド>についていけないとなかなか厳しいです。

三池監督は、原作ものだと自分の撮りたい場面だけをピックアップして、
あとは浅くさらう印象があるので、原作ファンはついていけても、
知らない人は感情移入できないのではないかと心配になりました。

このまま、続編も何作が作るのならば、監督を変えることも視野に入れても良いんじゃないかな。

俳優陣の頑張りは素晴らしかったです。
よくあの格好で、キテレツな設定と台詞で感情をあそこまで持っていけるなと
各々の俳優の実力を見せてもらった感じです。

特に、実写なのにアニメーションなリアクションがとれる神木隆之介さんと、
すごい話し方なのにずっと貫けてわざとらしくない新田真剣佑さんが素晴らしかったです。

真剣佑さんの本格アクションをやっと観られると思って楽しみにしてたのですが、
スタンドでの攻撃がメインなので、アクションがなかったのは残念でしたが(^^;)

少し夏休みの映画疲れしてます。
今日は映画「スパイダーマン:ホームカミング」です。

映画館のポップコーンもナチョスも飽きちゃったからどうしよう・・・。

Yuri.O
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR