FC2ブログ

Yuri.OのCinema+Balance シネバラ

Yuri.O名義で映画ライターとしてお仕事させていただいている記事情報を載せていきます。                                                     お仕事の依頼はメールフォームにお願い致します。

Entries

映画「ジオストーム」試写。

映画「ジオストーム」の試写会に行ってきました。

【あらすじ】

ある日、天気が支配された。世界中が度重なる自然災害に悩まされる中、全世界の天候を制御する気象コントロール衛星が開発され、世界の天候は完璧に管理されていた。ところが、ある日、衛星が暴走を始めた!リオ・デ・ジャネイロが寒波に、香港が地割れに、ドバイが洪水に・・・想像を絶する空前絶後の災害が世界中で勃発!なぜ!?地球はどうなる!?その時、科学技術者ジェイク(ジェラルド・バトラー)は仲間と共に地球の危機に立ち向かうことに。ジオストーム=地球規模の同時多発災害を迫力満点に描いたディザスター・ムービー。





主演はジェラルド・バトラー
共演はジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、エド・ハリス、アンディ・ガルシアなど。

往年のスターたちが競演しているので、オジサマ率80%超えの会場でした。
私はジム・スタージェスが好きで、彼目当てで観に行ったのですが、
アンディ・ガルシアのオーラと渋格好良い大統領ぶりにノックアウトされてしまいました(//^ー^//)

観る前は映画「アルマゲドン」のB級Ver.な感じかなーと想像していたのですが、
宇宙兄弟のジェイクとマックス(ジム・スタージェス)を軸に、
カーチェイスあり、銃撃戦あり、大爆発ありのサスペンスフルなストーリー展開
世界中の災害が同時進行する作りで、両者のバランスが良く、引きこまれました。
マックスの恋愛模様も同時進行するのですが、
そこもアビー・コーニッシュのツンデレぶりとマックスの甘い台詞がイイ感じにライトでした。

ジェイクの娘ハンナも12歳にしてジェイクのお母さんみたいな台詞を言ったかと思えば、
やっぱり12歳のお父さんを心配する娘ぶりを発揮し、
観客が感情移入しやすい存在として物語を支えています。

災害シーンは迫力はあったけど、
これまでのディザスター・ムービーと変わらず目新しいものはなく、
それよりも「大いなる陰謀」な展開にハラハラドキドキ

映画「シン・ゴジラ」で日本の総理大臣は真っ先に死んじゃったけど、
アメリカの大統領は国民が死ぬってわかってても、絶対に自分は逃げ出すんですよね。
本作での展開は大統領が逃げ出す必要があったから納得しましたが、
果たしてアメリカ国民は大統領を真っ先に逃がすという常識に納得しているのでしょうか?

今のトランプ大統領を真っ先に逃がすとは到底思えないけど(爆)

災害もアメリカがやらかしちゃった結果なのに、
「我々は困難を乗り越え世界と協力していく」的な流れになってますけど、
世界はアメリカを避難しないのでしょうか?
アメリカの陰謀の場合、テロには該当しないんですか???
といつもの展開にウンザリしつつ。

でも、何だかんだでジェイクとマックスの兄弟愛に感動したりして、
まったくノーマークな映画だっただけに期待以上に楽しめました。

映画「ジオストーム」は2018年1月19日の公開です。

Yuri.O
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR