FC2ブログ

Yuri.OのCinema+Balance シネバラ

Yuri.O名義で映画ライターとしてお仕事させていただいている記事情報を載せていきます。                                                     お仕事の依頼はメールフォームにお願い致します。

Entries

三鷹の森ジブリ美術館・詳細レポ in 2018年冬の陣

お正月休みに初!三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。

冬休みだからか、入る前から人が凄い。
日本人よりヨーロッパ圏、アジア圏の人たちで混み合っており、
久しぶりに自撮り棒を使っている人を見ました(^^;)
日本では迷惑だから衰退しましたが、海外ではまだ使ってるんですね(>_<)

駐車場は、ジブリ美術館自体にはないのですが、
井の頭公園の駐車場が100台くらい、周囲にもっと安いパーキングも結構あるので、
必ずしもバス・電車で行かなくてはならないってことはないです
(私は持病があるので車必須です)

早めに着いたので、外から見られるジブリ美術館周りをグルリと散策。

注!:写真はジブリスタッフに聞いて、撮影可という場所のみ撮影し掲載しています。

ジブリ美術館の入り口。
まずここで皆さん、写真をパチリ。

ll.jpg


トトロのにせもの入り口


FullSizeR2.jpg


2001年にオープンしたんですね~。


FullSizeR.jpg


壁に埋め込まれているレンガ?トトロが隠れてるのわかりますか?


FullSizeR77.jpg


ジブリ美術館は一日4回の入場時間を設けていて、
私たちが買ったチケットは14時~14時半までに入場しなければならないチケット。
でも、13時40分くらいから入り口に列が出来て、寒い中並ぶことに。

FullSizeR66.jpg


入り口でフィルムチケットを受け取ります。
これが一人一人違うみたいで、オークションなどでは結構な価格で取引されています。
(売らないでね。)

館内はこんな感じ。


FullSizeRender.jpg


「迷子になろうよ、一緒に」がコンセプトなので、
中央カウンターで「食べるを描くの展示はどこですか?(今回の本命目的)」と聞いたら、
「探してみてください。」とにっこり笑顔で言われてしまいました(爆)

結構、この時点で館内は乗車率で言ったら160%くらいの混雑具合で
列をゆっくり進みながら展示を見る感じになっていて、
疲労が蓄積されつつあったので、「探してみるのはしんどい。」と正直思ってしまいました(爆)

館内は美術館で写真が取れないので、ここから暫くは文章のみでいきます。

全体はステンドグラスと木のぬくもりたっぷりの秘密基地みたいな作りで、
小さい子どもが通るくらいのトンネルがいくつもあったり、
館内の中央を昇降するエレベーターがオシャレだったり、
高所恐怖症の方には絶対無理な細い橋を渡らないと展示に行けなかったり(^^;)、
車いすOKになってるけど、これは無理なんじゃないかな?と思ってしまいました。

ネコバスエリアやラピュタのロボット兵がいる展望台もかなり細くて
長いらせん階段を上がらなければならないので、高所恐怖症の方はアウトです。
私も高所恐怖症気味なので、橋はクリアしたけど、らせん階段は
途中で「怖い、無理かも!!」と友人の手を痛いくらい掴んでしまいました(^^;)

全体の展示はトーキー映画になる前と後との変成とか、
フィルムで撮る仕組みとか、膨大な数の絵コンテなどが展示してあり、
特にジブリ好きでない方でも映画好きにはたまらない展示物ばかりで時間が足りない!!
混んでてちゃんと読めない!!と惜しく思いました。
空いてる時にきて、ゆっくり読みたいなぁ。

ジブリの短編映画をその時々で色々上映しているミニシアターも、
ミニとは言っても、シネコンの一番小さいハコくらいの大きなスクリーンで、
15分前くらいから並べば座って観れる感じでした。

今回、私たちが観たのは映画「水グモもんもん」。

511qkZNog3L__SY352_BO1,204,203,200_

小さいお子さんが声をあげて笑っていたので、
小さい子には面白いみたいでしたが、水グモの性質を知らなかったので、
「ふーん。」と思いながら観て、特に感想はありません(爆)
映画「となりのトトロ」のメイとネコバスの短編があったので、それを観たいと思いました。

そして、本命の「食べるを描く」企画展示


taberu_poster_HP.jpg


ジブリ飯がレストランのメニュー仕立てに飾られている入り口から、
大量の食べるシーンの絵コンテと解説、
映画「となりのトトロ」サツキのお弁当や朝ごはんが乗った実物大の井間とお台所のセット
映画「天空の城ラピュタ」ドーラのタイガーモス号のキッチンのセットが展示してあります。

35265414_96388.jpg

出典:http://top.tsite.jp/lifestyle/lifetrend/i/35265414/indexより


実物大セットは色々なところの蓋やタンスを開けると中にちゃんと色々入っていて、
サツキのメイのちゃぶ台に座って「ひくーい!」と、大人ですけど、大興奮しちゃいました。
でも、皆混雑してるからか、開けたり座ったりする方はほとんどいなくて、
「ここは童心に戻って遊ぶために作られた場所なのに、なんで遊ばないんだろう?」って思いました。

あと、トイレが女子トイレしか入っていませんが(当たり前ですが)、
ステンドグラス調で大きな出窓に立体の絵が描いてあって、
野原が広がっているようでした。
各個室にお花の名前がついたステンドグラスがあって、
個室の壁紙のひとつひとつ違っていて、凝ってるなぁと感心しました。

もうひとつの本命。
「カフェ麦わらぼうしでジブリ飯を食べる」!ですが、なんと1時間待ち。


66.jpg


しかも外のテントで待つのですが、全然暖房行き届いてなく、寒すぎる(>_<)
でも、意地でアイス食べてる子とかいて、「子どもすごい(笑)」と感心。
近くのカフェデッキではラピュタの海賊シチューなど売っていて、
そちらは空いていたので、カフェが空くまであったかスープを飲みながら待ちました。
しかし、ショックなことが!!16時半くらいかな。
「マダムのお魚パイ売り切れましたー。」というショックなお知らせが(;_;)
はい、お魚パイ食べに来てました(涙)

FullSizeR14.jpg


その後割と早く入れて、17時前という中途半端な時間と寒さだったので、
「ひだまりのホッとココア」「ちっちゃなマダムのチョコケーキ」「くいしんぼうのカツサンド」
を頼みました。

FullSizeR9.jpg


チョコケーキは本物はキキのリボンの部分はイチゴジャムで作られていますが、
全部マジパンで結構ハードなガトーショコラ。


FullSizeR22.jpg


カツサンドは友人が「うまーい!」と叫ぶほど美味しくて、
私もポニョのようにガブリとかぶりついてパクパク食べてしまいました。


FullSizeR6.jpg


ポニョの旗が立っていたので、おそらくソースケとポニョが船で
お母さんを見つけに行く時に持って行ったハムサンドをイメージしているのかなと思いました。

「くいしんぼうのカツサンド」おすすめです!!

今日はあくまで、子どもとくるための下見だったので、
「ポニョのハムラーメン」はその時までお預けです。
(寒いのでよっぽど食べてしまおうかと思いましたが>_<)

その後、駆け足で、お土産ショップで「食べるを描く」のパンフレットと
クッキーを買って、何とか閉館の18時ギリギリ。

夜はライトアップされてこんな感じになります。

FullSizeR7.jpg

FullSizeR5.jpg


計4時間近くグルグル寒い中を見て回ったので、クタクタヘロヘロになって帰りました~。

以上、書き綴るままにレポでした。

Yuri.O
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR