FC2ブログ

Yuri.OのCinema+Balance シネバラ

Yuri.O名義で映画ライターとしてお仕事させていただいている記事情報を載せていきます。                                                     お仕事の依頼はメールフォームにお願い致します。

Entries

映画「彼女が目覚めるその日まで」。

171221_162638.jpg

映画「彼女が目覚めるその日まで」in 角川シネマ有楽町





【あらすじ】

憧れのニューヨーク・ポスト誌で働く21歳のスザンナ・キャハラン(クロエ・グレース・モレッツ)は、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴン(トーマス・マン)を両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は足音もなく突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、とんでもない失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査の結果は「異常なし」。日に日に混乱し、会話もできなくなってしまったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンが、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた―。ある日突然、原因不明の病にかかったら―愛だけを信じて闘った一人の女性と家族の感動の実話。

主演はクロエ・グレース・モレッツ
共演はトーマス・マン、リチャード・アーミテージ、ジェニー・スレイトなど。
原作はスザンナ・キャハランの「Brain on Fire」

邦題のせいで、闘病患者を支える家族のハートフルムービーみたいに
なっていますが、現代の「Brain on Fire」の方が近いです。

ガッツリ「抗NMDA受容体脳炎」の話。
この病気の恐ろしさと、かかったら社会的・心身的にどんなダメージを受けるのかを
ドキュメンタリータッチに近い形で描いてます。
実際、クロエが演じているスザンナが起こした奇行も、
実際、スザンナが起こした行動をそのまま再現しているそうですし。
本作については、記事を書かせていただいたので、
ある程度語ってるので少しにしますが、正直、スザンナが羨まし過ぎて泣けてくるくらいでした。

私自身も20歳に病気にかかって、闘病生活は10年以上になるので、
酷い医師、酷い薬にもたくさん遭っているし、家族も必ずしも助けてくれたわけではない。
そういう人がほとんどだと思うんです。特に日本の場合。

入院している時、今思えばもしかしたら「抗NMDA受容体脳炎」だったのではないか?
と思われるくらい心が壊れて何もわからなくなった患者さんも何人か見てて、
もし、本当にそうなら、そうじゃなくても、
医師や患者家族が彼らを諦めないで一緒に戦ってくれてたら、違ったんじゃないのかな?
って何度も思う場面があったんです。

だから、スザンナが羨ましい。
「もっと医師にプレッシャーをかけて原因を突き止めさせなきゃ。」と言ってくれる母親が、
医師に対し本気怒鳴りで原因を突き止めろ!と怒ってくれる父親が、
「一緒に頑張ろう。」と言ってくれる彼氏が、羨ましかったです。
どんな病気も乗り越えられるかどうかはここにかかってると思うんです。

特に、スザンナの症状は精神疾患の症状と酷似しているので、
私も半分くらいは経験済なので、よく耐えて乗り切ったなと。

「抗NMDA受容体脳炎」という病気の怖さを描いていると同時に、
病気との戦い方も描いているすべての医師、患者、その家族にみてもらいたい映画でした。

同じ公開日の映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」はどうなんでしょうね。
瀬々監督なので観たいリストには入っているのですが・・・、
予告で薬師丸母が「もうこの子のことは諦めてください。」とか言っちゃう時点で、
自分の子の回復を信じ切れていないというか、目覚めた時、
自分の娘よりも他人の子を思いやるってって思ってしまったり。
わかりますけどね。

両方観比べてみないとですね。

Yuri.O
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR