FC2ブログ

Yuri.OのCinema+Balance シネバラ

Yuri.O名義で映画ライターとしてお仕事させていただいている記事情報を載せていきます。                                                     お仕事の依頼はメールフォームにお願い致します。

Entries

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」掲載情報。

boomil映画「彼女がその名を知らない鳥たち」の記事を書かせていただきました。

boomil「イヤミスの女王!
沼田まほかるの究極の恋愛映画②「彼女がその名を知らない鳥たち」」






一足先に鑑賞させていただいたのですが、
原作読んでいるにも関わらず衝撃を受けてしまう“まほかるワールド”
ラスト、「陣治ーーー!!!」と心の中で叫んでしまいました。

台詞とか人間が生々しいんですよね。
なので、ズシンと心に響いて余韻がすごい。
いつまでも十和子と陣治のことを考えてしまう。

阿部さんと蒼井さんの演技合戦も凄かったです。まさに圧巻!
阿部さんは初登場シーンから雄の匂いをプンプンさせていて、
いつものコメディー映画の時と全然違くて色気があってドキッとしてしまいました。
陣治が清潔だったら抱かれたいですよ!(爆)
そのくらい素敵だったということです(笑)

蒼井さんの十和子は原作よりも嫌な女臭が凄くて。
最初のクレーマーで嫌な顔してるのも、陣治を憎々し気に罵倒するのも、
水島に会って女の顔になるのも、全部凄く嫌な他人に見せてはいけない顔で、
でも、蒼井さんだから大嫌いにならないギリギリのラインをきちんと保てててるんです。

そして、クライマックスの蒼井さんの表情の変化が見事!
一気に十和子の未来が心配になる寄り添いたいヒロインになってましたから、
お見事としか言いようがない。

竹野内さんの黒崎も良かったです。
かっこいいのに言ってる事やってる事クズ過ぎる(笑)

あと、赤澤ムックさんが十和子の姉役で出演しているのですが、
映画「愛の渦」の常連の時とあまりに違い過ぎて、ふり幅広いなと驚いてしまいました。

白石監督の作品はここしばらく見続けていますが、
恋愛映画も鋭くリアルに切り取っていて、素晴らしかったです。
次作は映画「孤狼の血」で警察×ヤクザものだけど、また恋愛映画撮ってほしいなぁ。

秋はミニシアター系の良作が豊作ですね。
映画「彼女がその名を知らない鳥たち」、素晴らしい作品なので、
皆さんに観ていただきたいです。
ヒットしますように!!

Yuri.O
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR