FC2ブログ

Yuri.OのCinema+Balance シネバラ

Yuri.O名義で映画ライターとしてお仕事させていただいている記事情報を載せていきます。                                                     お仕事の依頼はメールフォームにお願い致します。

Entries

映画「ナラタージュ」。

映画「ナラタージュ」を観てきました。
ここ半年くらいで一番観たかった作品かつ、2時間半近くあるので、前日から体に準備を叩き込んで。
というのも、強迫観念症で映画前にトイレに8回くらい行かなきゃで、
それでも映画の最中にトイレに行きたくならないか不安で不安で仕方ないんです。
でも、今日は前日から体に準備させておいたせいか、
4回くらいで「大丈夫だ。」と思えましたし、最後まで保ちました(爆)





【あらすじ】

壊れるくらい、あなたが好きでした。大学2年生の春。泉(有村架純)のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山(松本潤)から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日に誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる―。島本理生の「この恋愛映画がすごい!」第1位の同名小説を実写映画化。許されない、けれどすべてを捧げた恋―。あなたは一番好きだった人を思い出す。

主演は松本潤、有村架純
共演は坂口健太郎など。
監督は行定勲

boomilさんで公開前に「ナラタージュ」の記事を書いているので、改めて宣伝させてください。

boomil「忘れられない恋を知るあなたへ。
映画「ナラタージュ」登場人物&見どころ総まとめ」


原作者の島本理生さんは私が一番好きな作家さんです。
で、島本作品の中で一番好きな作品が「ナタラージュ」。
なので、長い読書人生の中で一番好きなのが、同小説ということになるのかも知れません。

有村架純さんも日本で一番好きな女優さんなので、
もう映画化が決まった時から楽しみで楽しみで!!

映画のインタビューや舞台挨拶などで行定監督が有村さんの顔が
良い意味でブサイクだとおっしゃっていましたが、
私にはずっと女の顔をしていて、ずっと「ああ、綺麗だな。」と思って見とれていました。

葉山先生を射るような視線も苦しそうな顔も泣き顔も笑顔もどれもハッとするほど美しい。

反対に坂口くんが良い意味で酷く悪い顔をしていて。
恋愛の仕方次第でこんなにも表情って違うものなのだなと
“恋愛”というものを改めて見せつけられました。

松本さんの葉山先生は、キラキラがまだ出ちゃってるのと幼く感じました。
何を考えているかわからない、坂口くんと対峙する意味でも
もっと大人の俳優さんでも良かったと思います。

行定監督はMV出身の監督なので、映像もどのシーンも切り取って静止画にしても良い美しさ。
ラブシーンも相当露出しているのに全然エロくなくて、
切実な想いのみが画面から溢れ出る近年まれに見る素敵なラブシーンでした。

泉の溢れる想いとそれに伴う苦しさと甘さが匂い立つようで、
自分の忘れられない恋まで一気に引き戻される秘めやかに一人でしっとり観たい作品です。

Yuri.O
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR