FC2ブログ

Yuri.OのCinema+Balance シネバラ

Yuri.O名義で映画ライターとしてお仕事させていただいている記事情報を載せていきます。                                                     お仕事の依頼はメールフォームにお願い致します。

Entries

映画「恋と嘘」試写。

a45e01ea58772dac.jpg


映画「恋と嘘」の試写会に行ってきました。
中央から前の席、真ん中も含めてガラガラ。
こんなに空いてる試写会は初めてでした。
森川葵ちゃん大好きなんだけどなぁー、まだ集客力はないかぁー。





【あらすじ】

結婚相手を政府が選ぶ、恋愛禁止の世界。ある日、私たちは「恋」を通知される。少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚の形として定着していた。人よりちょっと優柔不断な仁坂葵(森川葵)は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔(北村匠海)に突然「好きだ」と告白される。小さい頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太)が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが・・・。マンガアプリ「マンガボックス」で人気を博した大人気漫画「恋と嘘」の繋がりを持つアナザーストーリー。“最高”と“最良”。”恋愛”と“結婚”。揺れ動く3人の「恋」と「嘘」―。この秋、運命の恋が走り出す!

主演は森川葵
共演は北村匠海、佐藤寛太など。

マンガアプリ「マンガボックス」で不動の1位になっている
ムサヲ原作の漫画「恋と嘘」のオリジナル・アナザーストーリーです。
原作の仁坂くんの姪っ子が主人公という設定かな?

漫画を読んでいるとアニメの世界のファンタジーという感じなのですが、
実写にすると昨今の晩婚化や婚活事情などと
繋がる未来のような気がして妙にリアルに感じてしまいました。

主人公の葵のように、本当の恋も知らずにただ白馬に乗った王子様を夢見てまっている系女子、
もしくはそのままアラサー、アラフォーになってしまった女子たちが
もろ手を挙げて賛成しそうな「超・少子化対策法」(笑)

逆に、原作の主人公たちのように、自分の力で恋愛ができて、
結婚も仕事も見つけられる人たちにとっては、地獄のような精度。

ただ、映画は原作のように「政府通知」の縛りルールがないんですよね。

なので、追い詰められたロミジュリ感もなく、
ただただ二人のイケメンに迷う優柔不断で夢見がちな女子高生のよくあるお話で(>_<)

あの、ヒロインに共感できる人はいるのだろうか?
映画「リライフ」などの古澤健監督ですが、こんなにも女優=森川葵ちゃん
を可愛くなく、よく撮れたなと逆に驚いてしまいました。

森川葵ちゃん、すごく可愛い子なのに。
こういうキラキラムービーは可愛い&かっこいいじゃないと集客出来ないのに。

「科学の赤い糸」の説明もパパッとするだけなので、
葵と蒼佑の進展の速さにも皆ついていけないのではないんじゃないかと思いました。

蒼佑の問題ありの家族についての話題を出しておきながら、
それをまったく未解決のまま終わらせてしまうのも×。
意味が分からないし、達成感もないです。

ラストが「その手があったか!」な展開でほろ苦くて良かっただけに、
それまでのグダグダで観客が寝ちゃうか退席しちゃうかと思ったら、
勿体なさ過ぎる残念過ぎる作品でした(久々に辛口)

Yuri.O
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR